【驚愕】火垂るの墓が放送禁止に?視聴率低迷と7つの理由を解説!

当ページのリンクには広告が含まれています。
  • URLをコピーしました!

火垂るの墓って、最近テレビで見なくなったよね

そういえば、放送禁止になったって噂があるけど、本当なのかな?

『火垂るの墓』は、リアルな戦争の悲惨さを描いた作品としても有名です。

一体どんな理由で放送禁止の噂がささやかれるようになったのでしょうか?

『火垂るの墓』が放送禁止になったと噂される理由が気になります。

この記事では、「火垂るの墓」が放送禁止になったと噂される7つの理由について調査していきます。

この記事で分かること!
  • 火垂るの墓が放送されなくなった経緯と視聴率の推移
  • 商標争いや反戦テーマなど、放送禁止の7つの理由
  • 放送禁止の真相と、作品から学ぶべき教訓
楽天ブックス
¥4,136 (2024/06/06 16:04時点 | 楽天市場調べ)
  スポンサーリンク
目次

火垂るの墓が放送されなくなった経緯

かつて8月15日の「終戦記念日」には、『火垂るの墓』が定番アニメとして放送されていました。

1988年から毎年欠かさず放送され、戦争の悲惨さを伝え、平和の尊さを訴え続けてきたのです。

しかし2015年の高畑勲監督の追悼放送を最後に、『火垂るの墓』はテレビから姿を消しました。長年続いた放送が突如として終了してしまいました。

『火垂るの墓』は放送禁止になってしまったのでしょうか?

放送禁止という事実はない

確定的に放送禁止されたという事実は見つかりませんでした。

しかし、近年放送されていない理由として、7つの理由が浮かび上がってきました。

果たして『火垂るの墓』が放送されなくなった理由とは何なのでしょうか。

ここからは7つの可能性を1つずつ検証していきます。

放送禁止の理由1:サクマドロップスの商標争い

『火垂るの墓』の放送禁止の噂の理由の1つに、作中に登場するキャンディ「サクマドロップス」をめぐる商標争いが挙げられます。

ドロップスを製造・販売する「サクマ製菓」の兄弟会社同士が商標を巡って対立し、社会問題にまで発展したのです。

映画に登場したのは「サクマ式ドロップス」という名称のキャンディでしたが、この商標争議に『火垂るの墓』も巻き込まれ、放送に影響したのではないかと言われています。

  • 商標権をめぐる法的な問題に発展した
  • 企業イメージの低下を懸念した?
  • 関係各社への影響を考慮か

商標争いの当事者であるサクマ製菓の意向を尊重し、放送を控えた可能性もあります。

ただ現在は両社とも和解しており、『火垂るの墓』の放送を妨げる要因ではなくなっているようですね。

放送禁止の理由2:反戦アニメと誤解された可能性

『火垂るの墓』が公開された1988年当時、まだ終戦から43年しか経っていませんでした。

時代が近かったこともあり、この作品を「反戦アニメ」だと誤解する声も上がったのです。

戦争というセンシティブなテーマを扱ったことで、政治的なメッセージ性を感じた人もいたのかもしれません。

そうした誤解が放送を控える理由になった可能性はあります。

  • 偏った思想を広めかねないと危惧された?
  • 公共の電波で流すには不適切と判断された
  • 放送局側が萎縮してしまった

ただ、作品の真意を汲み取れば、決して偏った思想に与するものではないはずです。

むしろ、戦争の悲惨さを知ることは、平和の尊さを実感する機会にもなるでしょう。

放送禁止の理由3:リアルすぎる戦争の怖さ

『火垂るの墓』では戦時中の日常が赤裸々に描かれており、リアルな空襲のシーンなど、戦争の恐ろしさを目の当たりにします。

母親が重傷を負い、全身包帯姿で寝ている姿など、子供が見るには刺激が強すぎるシーンも。

あまりにもリアルな表現ゆえに、視聴者の心理に与える影響を懸念し、放送を控えるようになったのでは?という指摘もあります。

  • 子供のメンタルヘルスへの配慮から
  • 大人でも見るのがつらい残酷なシーンも
  • フィクションとはいえトラウマになる恐れ

戦争の悲惨さを伝えるには、ある程度リアルな描写も必要です。

しかしそれが視聴者の心に傷を残すことも事実。

特に子供など、発達段階にある心には悪影響を及ぼしかねません。

そうしたリスクを考慮した判断だったのかもしれませんね。

戦争の記憶は消えては行けないけど、子供の心を傷つけるのは良いことではないよね…

放送禁止の理由4:子供に見せたくないと感じる親の存在

「火垂るの墓 子供に見せたくない」というキーワードが、インターネットの検索候補に出てくることをご存知でしょうか。

これは、『火垂るの墓』に対する親たちの本音を反映しているのかもしれません。

強烈なインパクトを与える作品だからこそ、子供に見せるのを躊躇する親が多いのです。

教育上の観点からも、『火垂るの墓』の放送を控える風潮が広がったと言えるでしょう。

  • 過激な内容に子供を近づけたくない
  • トラウマになりかねない悲惨な場面も
  • 教育的配慮から放送を避ける流れに

もちろん、子供の心の発達段階に応じて、適切な説明を加えながら視聴するのは大切です。

ただ、なかには「子供に見せたくない」と頑なに拒む親もいるのが現状なのかもしれません。

放送禁止の理由5:主人公・清太への疑問

『火垂るの墓』の主人公・清太の行動を疑問視する声も少なくありません。

彼は14歳という多感な時期でありながら、まるで働こうともせず、親類に頼りっぱなしの態度が目立つのです。

周囲に迷惑をかけながらも、自分の非は認めようとしない。

そんな清太に対し、視聴者から批判的な意見が寄せられることも珍しくありません。

こうした主人公の在り方が議論を呼び、放送を控える理由になった可能性もあります。

  • 主人公に感情移入しづらい
  • 青年なのに何も働こうとしない
  • 周囲への恩義や感謝の気持ちが見えない

清太のそうした態度が、妹・節子を死に追いやった遠因とも考えられます。

彼の人間性が議論の的となり、「子供に見せるべきではない」との声が強まった結果、放送禁止になったという見方もあるのです。

とはいえ、清太も戦争という混乱の中で、必死に生きようとしていた一人の少年です。

たったの14歳だった彼の、その苦悩や弱さを頭ごなしに否定することはできません。

放送禁止の理由6:戦争体験者への配慮

『火垂るの墓』が描く戦時中の光景は、当時を生きた人々にとって、あまりにも生々しい記憶を呼び起こすものかもしれません。

今は亡き肉親を思い出したり、自らの辛い体験を思い出したりと、この作品が戦争体験者の心の傷を再び開きかねないのです。

そうした人々への配慮から、放送を控えるようになった可能性もあります。

  • リアルな描写が当事者にフラッシュバック
  • 悲しみや苦しみを呼び覚ましかねない
  • 二次的トラウマのリスクも?

特に高齢の戦争体験者にとって、『火垂るの墓』は見るに堪えない作品かもしれません。

テレビで偶然目にしてしまうだけで、辛い思い出がよみがえる恐れがあります。

そうした事態を避けるためにも、放送を自粛する判断が下ったのかもしれませんね。

放送禁止の理由7:放送局の自主規制

『火垂るの墓』の放送禁止の噂の理由の1つに、放送局側の自主規制も挙げられます。

作品の内容や表現が「過激すぎる」と判断し、視聴者からのクレームを恐れて放送を控えるケースがあるのです。

放送局には社会的責任があるため、視聴者の心情を害するような番組は避ける傾向にあります。『火垂るの墓』も、そうした自主規制の対象になった可能性が高いでしょう。

  • 視聴者の反発を恐れた事前対応
  • 社会通念に照らして「不適切」と判断
  • 苦情の可能性がある作品は避ける傾向

もちろん自主規制は、表現の自由や知る権利を脅かしかねない危うさも孕んでいます。

しかし一方で、視聴者の心情に配慮し、社会的影響を慎重に見極める放送局の姿勢は、一定の理解を得られるのではないでしょうか。

火垂るの墓から学ぶべき教訓とは

ここまで『火垂るの墓』の放送禁止の噂をめぐる様々な理由を見てきましたが、この作品が私たちに伝えたいメッセージは何なのでしょうか。

それは、「戦争の悲惨さと平和の尊さ」ではないでしょうか。

作品が「反戦アニメ」と誤解された背景にも、戦争に対する人々の憎悪や恐怖心が垣間見えます。

『火垂るの墓』は、そんな戦争の悲劇を二度と繰り返さないために、歴史の事実を伝え、平和の大切さを訴えかける使命を担っているのではないでしょうか。

戦争の悲惨さと平和の尊さを伝える使命

『火垂るの墓』は、戦時下の広島を舞台に、14歳の清太と4歳の節子という二人の兄妹の悲惨な運命を描いています。

空襲で母を亡くし、父は戦地に赴く中、二人は生き延びるために懸命に努力しますが、食べ物も住む場所も失い、やがて飢えと病気で命を落としていきます。

この物語が伝えるのは、戦争がいかに非情に人々の暮らしを破壊し、罪のない子供たちの命さえも奪ってしまうかということ。

そして、だからこそ平和の尊さを訴え続ける使命を、この作品は担っているのです。

  • 戦争は一瞬で日常を奪い、多くの犠牲を強いる
  • 非戦闘員である子供たちも容赦なく巻き込まれる
  • 戦禍に苦しむ兄妹の姿は、平和の尊さを物語る

『火垂るの墓』が描く悲劇は、戦争の残酷さを如実に示していますが、同時に平和の大切さも教えてくれます。

清太と節子が必死に生きようとする姿は、平和な日常がいかに尊いものかを気づかせてくれるのです。

だからこそ、この作品を通して戦争の愚かさを知り、平和を願う心を育むことが大切なのではないでしょうか。

歴史を知り、過ちを繰り返さないための教育

『火垂るの墓』の放送禁止を巡る議論からも分かるように、この作品がいかに強いメッセージ性を持っているかが窺えます。

特に、戦争の実相を知らない若い世代にとって、この物語は衝撃的な学びの機会となるでしょう。

歴史を知ることは、過去の過ちを繰り返さないために不可欠です。

『火垂るの墓』は、戦争の悲惨さを次世代に伝える重要な教材となり得るのです。

  • 歴史を学ぶことで、戦争の愚かさを認識できる
  • 過去の経験から、平和の尊さを実感できる
  • 二度と戦争を繰り返さないという意識を育める

もちろん、子供に見せる際には十分な配慮が必要です。

あまりにリアルな表現は、トラウマになりかねません。

しかし、だからこそ大人が一緒に見て、戦争の現実を丁寧に教えていくことが大切なのです。

『火垂るの墓』は、子供たちに戦争と平和について考えさせ、歴史の教訓を学ぶきっかけを与えてくれる貴重な作品なのです。

時代が変わっても語り継がれるべき火垂るの墓のメッセージ

公開から35年以上が経過した今も、『火垂るの墓』が私たちの心を揺さぶり続けているのはなぜでしょうか。

それは、作品が描く「戦争と平和」「命の尊さ」といったテーマが、時代を越えて普遍的な価値を持っているからではないでしょうか。

戦後の日本は平和と繁栄を謳歌してきましたが、世界に目を向ければ、今も多くの地域で戦禍に苦しむ人々がいます。

『火垂るの墓』は、戦争のない平和な世界を願う気持ちを、改めて呼び起こしてくれる作品なのです。

  • 戦争は遠い過去の出来事ではない
  • 平和な日常は当たり前ではない
  • 一人一人の命の尊さを忘れてはならない

時代が移り変わっても、『火垂るの墓』が伝えるメッセージの重要性は色褪せません。

むしろ、戦争を知らない世代だからこそ、この作品を通して平和の尊さを学ぶ意義は大きいのではないでしょうか。

だからこそ、これからも『火垂るの墓』を語り継いでいく必要があるのです。

\ジブリ作品を見たくなったらぜひ、こちらの記事を参考にしてみて下さいね/↓↓↓

まとめ

この記事では、「火垂るの墓」が放送禁止になったと噂される7つの理由について調査してきました。

この記事のポイント!
  • 視聴率低迷と様々な理由が放送禁止の背景に
  • 戦争の悲惨さを伝える重要な反戦アニメ
  • 社会問題を考えさせる意義のある作品

『火垂るの墓』の放送禁止の噂をめぐっては、様々な憶測や議論が飛び交ってきました。

作品の内容や視聴率の問題だけでなく、商標権や教育上の懸念、放送局の自主規制など、複雑な要因が絡み合っていたのです。

しかし、この作品が放送されなくなったことで、本当に伝えるべきメッセージまでもが失われてしまったのでは、本末転倒というもの。

戦争の悲惨さを知って、平和の尊さを考えるきっかけになる作品を大切にしていきたいよね

「火垂るの墓」が放送禁止になったと噂される経緯は複雑ですが、作品が持つ価値や意義は不変です。

戦争の悲惨さを知り、過ちを繰り返さないための教育として、また、平和の尊さを伝えるメッセージとして、今後も語り継がれるべき大切なアニメ作品の一つであることは間違いありません。

☆よかったらシェアしてね☆
  • URLをコピーしました!
目次