平成フラミンゴとコムドットの不仲が決定的!コムドットの動画に矛盾

当ページのリンクには広告が含まれています。
  • URLをコピーしました!

コムドットやまとがプロデュースする東京ドームでの大型イベント『Creator Dream Fes』(7月27日開催予定)が発端となりトラブルとなっている平成フラミンゴとコムドット。

6月23日に投稿されたやまとさんのtweetが匂わせだと話題になっていました。

6月27日より活動休止をしていたコムドットですが、6月30日に今回のトラブルに関する動画を投稿しています。

この記事では、平成フラミンゴとコムドットの不仲について、コムドットのトラブルに関する動画の矛盾について調査していきます。

目次

平成フラミンゴとコムドットのトラブルとは?

コムミンゴとしてコラボも大人気だった平成フラミンゴとコムドット、何が原因でトラブルになったのでしょうか?

『Creator Dream Fes』への出演依頼の方法

トラブルの始まりは、7月27日開催予定のコムドットやまとプロデュース『Creator Dream Fes』への出演依頼です。

コムドットは平成フラミンゴへ動画内のドッキリ企画で『Creator Dream Fes』への出演を依頼しました。

動画内では出演を了承した平成フラミンゴでしたが、動画投稿後に平成フラミンゴ所属事務所「株式会社リバティタウン」より、平成フラミンゴがイベントへの出演を辞退することが発表されました。

その後、平成フラミンゴは自身のYOUTUBEチャンネルの動画で、出演辞退に至った経緯とファンへの返金対応について説明しています。

平成フラミンゴが動画を出した数日後、コムドットやまとさんがTwitterで意味深なtweetを投稿し双方間でトラブルになっているのではないか?と疑われていました。

コムドットやまとのtweet

名指しこそありませんが、かなりトゲのある内容で話題になりました。

平成フラミンゴとは対照的な印象で大炎上し、コムドットのチャンネル登録者数が3万人減るなど、双方のファンがかなり困惑する内容でした。

また、コムドットメンバー内でもリツイートするメンバーとしていないメンバーがいたことから、メンバー内でも意見が別れているのでは?と予想されていました。

しかし、この件については6月30日にコムドットが公開した動画内でメンバー全員が同意していたと発言され、ファンは大きなショックを受けています。

コムドットの言い分は?

6月30日、コムドットはトラブルに関する動画を投稿しています。

内容まとめ

  • tweetの内容は平成フラミンゴに向けてのものだった
  • tweetにはコムドットメンバー全員が賛同していた
  • 平成フラミンゴは嘘をついている
  • 訂正を求めたが認識の違いだと拒否された
  • クリエイター同士が連絡を取り合わないような取り決めは一切ない
  • 平成フラミンゴに説明動画の誤解を訂正する動画を投稿するように求めたが拒否された
  • 何の説明もなく辞退の説明動画が投稿されて驚いた
  • 友達として7人で話したかったが拒否された
  • 連絡を取りたかったが平成フラミンゴ側は事務所を通すよう要求した
  • 友達として話したいのに関係各所と合同で話し合うように求められた
  • 友達として話したかったのに兵せうぃフラミンゴは仕事モーFで別人のようだった
  • 平成フラミンゴをつるし上げたくはないけど証拠や音声はある
  • 感謝はしているのでいつかまた…

友達という言葉を強調しつつ、全体的に非があるのは平成フラミンゴ側だというかなりショッキングな内容でした。

コムドットの動画の矛盾

動画が投稿された直後から、内容に関する矛盾が指摘されています。

矛盾が指摘される内容

  • 取り決めについて
  • 動画投稿について
  • 運営側との相違点について

取り決めについて

動画内でコムドットのやまとさんは、断じて運営側からクリエイター同士が連絡を取り合うことを止められていた事実はない。

と、力強く発言した直後に、実際にクリエイター同士の会話を控えるという取り決めを破り2人に連絡をしたのは僕の反省すべき点、と発言しています。

取り決めがあったということですよね?

プロデュース側のやまとさんと出演依頼された側の平成フラミンゴでは、取り決めに対する認識の重さに違いがあったのではないでしょうか?

もし、取り決めがあったのであれば、事務所を通してほしいという平成フラミンゴ側の主張が正しいように思えます。

動画投稿について

平成フラミンゴの投稿した動画に対し、自分たちへの説明が一切なかったと語っていたコムドットですが、ドッキリ動画を事務所確認が取れるまで出さないで欲しいとお願いされていたのに、フライングで投稿したことに関しては一切説明がありませんでした。

運営側との相違点について

CDF主催者はミスを認め、その内容も平成フラミンゴが投稿した説明動画と相違が無かった。

本件に関しましては、ABEMAを主体とした運営チームの連携不備によりイベント詳細が伝わっていない状態で平成フラミンゴさんへオファーがなされ、正式承認前に公開されました。

運営公式tweet

コムドットが主張する【嘘】とはなんのことなのでしょう?

平成フラミンゴ・コムドットのファンの声は?

コムドットがここまで言うなら平成フラミンゴが悪いんじゃないか?

イベントに呼んだ側なんだから、トラブルがあっても庇いこそすれ主催側が叩くなんて非常識。

社会を経験した側と地元ノリの違い。

と、なんとも辛辣なコメントが多く見られました。

動画が動画だっただけに、殺伐とした印象です。

まとめ

この記事では、平成フラミンゴとコムドットの不仲について、コムドットのトラブルに関する動画の矛盾について調査してきました。

今回、コムドットの動画からは友達という言葉とは裏腹に、強い怒りを感じました。

一方、平成フラミンゴの辞退説明動画を見ても、認識の違いや運営との連絡不備などの説明はあれど、コムドットへの批判やイベントへの不信感などは感じられません。

視聴者としては、双方の動画を見ていても拗れ方が異常でなんともモヤモヤする状態です。

しっかりと和解して、またコムミンゴで楽しい動画を届けてほしいですね。

☆よかったらシェアしてね☆
  • URLをコピーしました!
目次