『魔女の宅急便』モデルとなった街はどこ?原作の魅力やみどころを調査!

当ページのリンクには広告が含まれています。
  • URLをコピーしました!

『魔女の宅急便』の舞台ってどこなんだろう?

北欧が舞台って聞いたことあるけど、具体的にはどの街なのかな

『魔女の宅急便』の舞台になった街はどんな街なのでしょうか。

モデルになった街やその観光情報も知りたいですよね。

『魔女の宅急便』の原作小説も気になります。

この記事では、『魔女の宅急便』のモデルとなった北欧の街の魅力や、原作小説について調査していきます

この記事で分かること!
  • 『魔女の宅急便』の舞台となったスウェーデンとクロアチアの美しい街並み
  • キキが働くパン屋のモデルと、映画のストーリーを彩る5つの名シーン
  • 原作小説にはない映画の魅力と、児童文学との違い
楽天ブックス
¥4,136 (2024/06/06 16:06時点 | 楽天市場調べ)
  スポンサーリンク
目次

『魔女の宅急便』の舞台となった北欧の魅力

出典:スタジオジブリ公式HP

宮崎駿監督の名作ジブリ映画『魔女の宅急便』。

主人公のキキが暮らす街のモデルとなったのは、北欧の美しい街々でした。

ここでは、そんな『魔女の宅急便』ゆかりの地を3つご紹介します。

映画に登場する街の佇まいを思い浮かべながら、北欧の魅力に触れてみませんか。

それでは早速、一つずつ見ていきましょう。

ストックホルム(スウェーデン)- 「北欧のヴェネツィア」

スウェーデンの首都ストックホルムは、「北欧のヴェネツィア」の異名を持つ美しい街です。

14もの島々からなるストックホルムは、まるで海に浮かぶ宝石のように煌めいています。

映画の舞台となったのは、その中心部にあるガムラ・スタンという旧市街。

  • 中世の面影を残すカラフルな建物が立ち並ぶ
  • トンボが初めてキキに声をかけた石畳の細い路地
  • 劇中で重要な役割を担った時計塔

ガムラ・スタンを散策すれば、まるでキキがトンボと出会ったシーンに迷い込んだかのような気分を味わえるでしょう。

夏のストックホルムは白夜となり、太陽が沈まない時期もあるそうです。

キキと一緒に、夜空を飛ぶ想像をしてみるのもいいかもしれませんね。

ヴィスビュー(スウェーデン)- バルト海に浮かぶ「バラの都」

「魔女宅」のもう一つの舞台となったのが、スウェーデンのヴィスビューという街。

バルト海に浮かぶゴットランド島にあるヴィスビューは、「バラの都」と呼ばれるほど美しい花々が咲き乱れる街なんです。

世界遺産にも登録されている歴史ある街並みは、まさに映画から飛び出してきたよう。

  • 海と調和するオレンジ色の屋根と白い建物
  • 旧市街の入り口にある城壁と塔
  • 石畳が美しいフィスカーグレンという小道

キキがお客さんにお届け物をするシーンを思い出しながら、ヴィスビューの路地裏を探検するのも乙なものでしょう。

6月から8月にかけては、夜でも明るい白夜を体験することもできますよ。

ヴィスビューで、キキのようにのんびり過ごすのはいかがでしょうか。

ドブロブニク(クロアチア)- 「アドリア海の真珠」

『魔女の宅急便』の世界観にそっくりな街が、クロアチアにもありました。

アドリア海に面したドブロブニクは「アドリア海の真珠」と称されるほどの美しい港町。

オレンジ色の屋根が立ち並ぶ景色は、まるでコリコの街のよう。

  • 旧市街を囲む城壁と要塞
  • 青い海を背景にそびえ立つ美しい建物群
  • アドリア海の絶景を望む城壁の上の散歩道

城壁の上から見下ろすドブロブニクの景色は、まさに絵本の世界のような美しさです。

ゆっくりと散策しながら、キキ気分を味わってみてはいかがでしょうか。

夏のドブロブニクは海水浴を楽しむ人々で賑わいます。

アドリア海の澄んだ海に、ぜひ飛び込んでみてくださいね。

キキが住み込みで働くパン屋のモデル

出典:スタジオジブリ公式HP

『魔女の宅急便』の中で、キキが住み込みで働くことになるグーチョキパン店。

実はこのパン屋にも、モデルとなった実在のお店があります。

ここでは、映画のワンシーンを思い出すような、キュートなパン屋をご紹介します。

パンの焼ける良い香りを想像しながら、早速見ていきましょう。

ヴィスビューのケバブ屋 さん- 外観も内装もそっくり

ヴィスビューには、映画に登場するグーチョキパン店にそっくりなケバブ屋があります。

『魔女宅』の聖地としても人気のこのお店は、まるで映画から飛び出してきたかのよう。

外観の造りはもちろん、店内のレイアウトまでがグーチョキパン店と酷似しているそうですよ。

  • 建物の形や煙突の数までそっくり
  • 白い壁に黒い木組みがアクセント
  • 店内には背面の棚とカウンター席が

ヴィスビューを訪れた際は、ぜひ足を運んでみてくださいね。

店主さんもキキのファンとのことなので、『魔女宅』トークで盛り上がれるかもしれませんね。

オーストラリアのパン屋も一部モデルに

実は、グーチョキパン店のモデルはオーストラリアのパン屋にもありました。

タスマニア島のロスという小さな町にある「ロス・ヴィレッジ・ベーカリー」がそのお店。

ここでは、映画と同じように石窯でパンを焼いているんだとか。

  • こじんまりとしたかわいらしい佇まい
  • 店内には『魔女宅』グッズも飾られている
  • 石窯で焼かれるパンの味は絶品

オーストラリアまで足を伸ばすのは難しいかもしれませんが、いつか訪れる機会があれば立ち寄ってみたいですね。

キキも通りがかりに、このパン屋に興味津々だったかも。

映画の世界観を感じながら、焼きたてのパンを味わってみるのもいいですね。

泊まれる「ロス・ベーカリー・イン」でキキ気分を味わう

ロス・ヴィレッジ・ベーカリーには、なんとキキの部屋を再現した宿泊施設まであるんです。

その名も「ロス・ベーカリー・イン」。

パン屋に併設されたかわいらしい宿泊施設です。

ここに泊まれば、キキになった気分で映画の世界を体験できるかも。

お部屋は、映画に登場するキキの部屋を忠実に再現しているんですよ。

  • キキが座っていた屋根裏部屋の雰囲気そのまま
  • 魔女の宅急便の挿絵が飾られた内装
  • 窓から見える風景も映画のワンシーンのよう

まるで映画に入り込んだような滞在を楽しめます。

パン屋の2階を利用した宿泊施設なので、焼きたてのパンの香りで目覚められるのも魅力的ですね♪

キキと一緒に街の朝を迎える体験は、ファンにはたまらないでしょう。

「ロス・ベーカリー・イン」は、パン屋とキキの部屋が一緒に味わえる聖地だね!

『魔女の宅急便』のストーリーを彩る5つの名シーン

出典:スタジオジブリ公式HP

『魔女の宅急便』は、キキの成長物語であると同時に、数々の感動的な名シーンが詰まった作品でもあります。

ここでは、物語の核心に迫る5つの名シーンをピックアップしてご紹介しましょう。

これらのシーンには、キキの心情の機微や成長過程が見事に描かれています。

それでは、一つひとつ思い出を辿ってみましょう。

故郷を旅立つ決意を胸に空を飛ぶキキ

13歳の誕生日の夜、大人になる第一歩として、一人前の魔女になるため旅立つキキ。

  • 故郷の街を飛び立つ雄姿が感動的
  • 両親への感謝の気持ちを胸に空を飛ぶ
  • 満月の夜にふさわしい神秘的な雰囲気

観客もキキと一緒に、新たな旅立ちへのワクワクを感じずにはいられません。

背中を押されるような、勇気をもらえるシーンですよね。

キキの小さな背中に、大きな希望を感じます。

トンボとの出会いと絆

コリコの街で知り合ったトンボは、キキにとって家族以外で初めて心を通わせた存在です。

飛行機を愛する熱血少年トンボと、空を飛ぶ魔女キキ。

二人の出会いは運命的でした。

トンボは、キキの良き理解者であり、支えになります。

  • 初対面で意気投合する二人
  • 夕日に照らされた街で語り合うシーン
  • 空を飛ぶことへの共通の憧れ

トンボの明るさとまっすぐな視線に、キキは惹かれていきます。

お互いを認め合い、高め合う二人の姿は微笑ましくもあり、頼もしくもあります。

キキの心の支えになったトンボとの絆は、作品の大きな見どころの一つですね。

お店のオープンとお客さんとの交流

コリコの街で宅急便屋さんを始めたキキ。

商売の厳しさを知る日々の中で、温かい交流も生まれます。

個性的なお客さんたちとの触れ合いを通して、キキは少しずつ街に馴染んでいくのです。

お客さんとのやり取りからは、キキの成長ぶりがよく分かります。

  • 初めての配達で森に迷うも、無事に届けられて安堵
  • ケーキ屋のおばさんに宅急便を気に入ってもらえた喜び
  • グーチョキパン店の常連さんたちとの何気ない会話

仕事を通して人との繋がりを実感するキキの姿からは、社会性の芽生えも感じられます。

時にはつまずきながらも、誠実に働くキキの姿は、観る者の心を打つはず。

一生懸命さが伝わってきて、思わず応援したくなりますよね。

飛行能力を失ったときの挫折と成長

魔女の象徴とも言える飛行能力を失ったとき、キキは大きな挫折を味わいます。

街に馴染めず、自分を見失いかけたキキ。

絶望的な状況に、思わず涙が溢れます。

しかしこの苦難を乗り越えたとき、キキは一回りも二回りも成長するのです。

  • 落ち込むキキを励ますウルスラやおソノさんの優しさ
  • 自分の居場所は自分で作ると悟るキキ
  • 飛べなくても前を向いて生きると決意する勇気

「乗り越える」ということの本当の意味を描いた、まさに名シーンと言えます。

キキを支える人たちの温かさと、立ち上がるキキの強さ。

大切なことは、「諦めない心」なのだと教えてくれるシーンですね。

デッキブラシで再び空を飛ぶキキ

飛行船から落ちそうなトンボを見たキキ。

掃除用のデッキブラシを借りて再び空へ舞い上がります。

「トンボを助けたい」その強い想いで飛行能力が復活した感動的なシーンです。

  • 友達を助けたいという強い思いが、飛行能力を呼び覚ました
  • 観客の息を呑む、スリリングな空中でのレスキューシーン
  • キキの成長と勇気を象徴する、劇的な見せ場

キキの機転と勇気が光る、まさに映画のクライマックスにふさわしい名シーンです。

「諦めない心」を胸に行動するキキの姿は、多くの観客の心を揺さぶったことでしょう。

トンボを無事救出したラストシーンは、キキの成長物語に感動的なフィナーレを飾りました。

原作小説にはない映画オリジナルの魅力

出典:スタジオジブリ公式HP

映画『魔女の宅急便』の魅力は、原作小説にはないアニメーションならではの表現にもあります。

ジブリ作品らしい細やかな世界観と、映像美を通して描かれるキキの心情。

それらは、原作を超えた感動を生み出しているのです。

原作とは一味違った、映画ならではの表現をご紹介しましょう。

音楽とセリフのないラストシーンの余韻

物語のクライマックス、飛行能力を取り戻したキキが夜の街を飛ぶシーン。

印象的なのは、BGMもセリフもない、静寂に包まれた映像美です。

街の灯りを背景に、すいすいと飛ぶキキの姿からは、言葉を超えた満足感が伝わってきます。

  • 夜空に浮かぶキキのシルエット
  • 街のざわめきを感じさせる細かな音
  • 静かに佇むジジの姿

音のない世界だからこそ、キキの充実感や安堵感がダイレクトに伝わってきます。

映画のラストを飾るのにふさわしい、深い余韻を残すシーンと言えるでしょう。

観客もまた、キキと同じ満足感に浸ることができます。

スタジオジブリならではの繊細な風景描写

『魔女の宅急便』の舞台となったのは、海に面した美しいコリコの街。

緑豊かな丘陵地帯や、赤レンガ造りの建物が立ち並ぶ街並みなど、情景描写の美しさは際立っています。

ジブリ作品ならではの、リアリティあふれる背景美術が物語をいっそう引き立てているのです。

  • コリコの街を一望できる丘の上からの眺め
  • 旧市街の石畳と、趣のある建物の数々
  • 海と空の青、建物のオレンジ、緑の丘のコントラスト

どのカットも絵葉書のように美しく、見ているだけで心が洗われます。

風景描写の細部まで丁寧に作り込まれた背景美術は、キキの心情を表現する重要な役割も担っています。

明るく楽しげなトーンの街並みは、前向きに生きるキキの心象風景とリンクしているようにも感じられます。

\ジブリ作品を見たくなったらぜひ、こちらの記事を参考にしてみて下さいね/↓↓↓

児童文学から映画へ – 原作との違いに注目

出典:スタジオジブリ公式HP

ジブリ映画『魔女の宅急便』のベースとなったのは、角野栄子(つのえいこ)さんによって書かれた小説です。

ジブリ映画版は原作をベースにしつつも、宮崎駿監督ならではの解釈が加えられています。

原作を知っている人なら、二つの作品の違いを見比べるのも一興かもしれません。

ここでは、原作小説ならではの視点をご紹介していきます。

映画では描かれていないキキの成長物語

映画『魔女の宅急便』では、キキが一人前の魔女になるまでの1年間が描かれました。

一方、原作小説シリーズでは、大人になったキキの姿も登場します。

結婚し、子供を授かったキキ。魔女としての力を失った彼女が新しい人生を歩んでいく様子は、原作ならではの展開です。

  • 飛べなくなってもめげないキキ
  • 子育てに奮闘する姿が微笑ましい
  • 人間らしく成長したキキの魅力

「魔女」から「母親」へ。立場が変わっても前を向いて生きるキキに、大人になった今だからこそ共感できる人も多いのではないでしょうか。

映画のその後を知ることができるのも、原作小説の醍醐味と言えます。

ジブリ映画しか知らない人にこそ、ぜひ読んでほしい物語です。

原作小説は全6巻のシリーズ作品

角野栄子(つのえいこ)さんは、1935年生まれの児童文学作家で、代表作に『ちいさなちいさなもりのふしぎ』『きいろいとうさん』『わたしの赤ちゃん』などがあります。

初版「魔女の宅急便」は1985年に福音館書店から刊行されました。

その後、1989年にジブリ映画『魔女の宅急便』が公開されたことをきっかけに人気に火がつき、現在までに累計発行部数300万部を超えるベストセラーとなっています。

  • 1巻:魔女の宅急便 (1985年)
  • 2巻:キキと新しい魔法 (1992年)
  • 3巻:キキとふたつの家 (1996年)
  • 4巻:キキともうひとりの魔女 (2000年)
  • 5巻:キキとパン屋 (2004年)
  • 6巻:キキと小さな旅 (2009年)

映画では描かれなかった、キキの13歳から結婚、出産までの成長物語が、原作小説では丁寧に描かれています。

恋愛や結婚、自分の娘が巣立つまでの長い年月を経たキキの人生は、小説ならではの魅力と言えるでしょう。

ジブリ映画『魔女の宅急便』が描いた1年間は、彼女の人生のほんの一部にすぎないのです。

映画では1作で完結した魔女修行の物語も、小説では6作を通してより深く描かれています。

成長に伴うキキの心の機微や、周囲の人々との関わりなど、原作だからこそ描ける部分も魅力的です。

映画で描かれなかった部分にも、ぜひ注目してみてくださいね。

『魔女の宅急便』の舞台を訪ねる旅 – 観光情報

出典:スタジオジブリ公式HP

「キキが住んでいた街に行ってみたい!」と思ったことはありませんか?

『魔女の宅急便』のモデルとなった地域には、映画のワンシーンを思い出させるような美しい風景が広がっています。

ここでは、「聖地巡礼」にぴったりなスポットをご紹介します。

旅のプランを立てる際の参考にしてみてくださいね。

「魔女宅」聖地巡礼の人気スポット

『魔女の宅急便』の舞台を巡るなら、外せないのがスウェーデンの首都ストックホルムと、ゴットランド島の街ヴィスビュー。

「コリコ」のモデルとなった旧市街は、映画そのままの美しさを誇ります。

特に人気なのが、以下の観光スポットです。

  • ストックホルムのガムラ・スタン(旧市街)
  • ヴィスビューの教会の鐘楼
  • ヴィスビューの旧市街の城壁

旧市街を歩けば、中世の面影を色濃く残す街並みが目の前に広がります。

石畳の小道や、びっしりと立ち並ぶかわいらしい建物。

まるでおとぎ話に迷い込んだかのような気分を味わえるでしょう。

「あの風景はこの場所だったのか!」と感動すること間違いなしです。

ストックホルムとヴィスビューの見どころ

聖地巡礼ツアーでは、もちろん名所巡りも欠かせません。

ここでは、ストックホルムとヴィスビューのおすすめ観光スポットをご紹介します。

『魔女宅』ゆかりの地以外にも、見どころはたくさんありますよ。

  • ストックホルム市庁舎(ノーベル賞晩餐会の会場)
  • リドー島の野外博物館スカンセン
  • ヴィスビーの植物園

せっかくの機会なので、映画の舞台探訪だけでなく、その土地ならではの文化にも触れてみるのがおすすめ。

現地の人々とふれあいながら、スウェーデンの魅力を肌で感じてみてください。

きっと旅の思い出がいっそう深まるはずです。

クロアチアとオーストラリアのロケ地にも注目

映画のモデルは、北欧だけではありません。

アドリア海に面したクロアチアの街ドブロヴニクや、オーストラリアのタスマニア島も、『魔女宅』ファンの間では人気の観光地なんです。

「コリコの街に雰囲気が似ている」と評判のスポットを訪ねてみるのも一興かも。

  • ドブロヴニクの旧市街(世界遺産)
  • タスマニア島ロスのベーカリー
  • 白亜の街並みが美しいボードルム(クロアチア)

『魔女宅』の世界観を追体験できるのはもちろん、一味違った异国情緒も楽しめるでしょう。

「映画のイメージを大切にしつつ、新たな発見も」をモットーに旅するのがオススメです。

名作ファンの聖地巡礼なら、そこでしか味わえない感動があるはずです。

映画の感動が蘇る魔女宅ワールドへの誘い

出典:スタジオジブリ公式HP

『魔女の宅急便』の舞台を辿る旅は、映画の感動を再び味わえるすてきな体験になりそうですね。

それは同時に、自分自身を見つめ直す旅にもなるのではないでしょうか。

「キキになりきって街歩き」なんていうのも楽しそうですね。

北欧とアドリア海の美しい街並みに惹かれて

『魔女の宅急便』の物語の背景には、北欧とアドリア海の美しい街並みがありました。

スウェーデンの旧市街に、クロアチアの城壁都市。

それぞれの地に伝わる歴史や文化が、作品の魅力を深めているのです。

  • パステルカラーの建物が立ち並ぶ北欧らしい街並み
  • アドリア海の澄み切った青と調和する家々
  • 中世の面影を色濃く残す石畳の路地

ただ景色を眺めているだけでも、それはそれは癒されること間違いなし。

写真に収めるのはもちろん、その風景を心にもしっかりと焼き付けておきたいですね。

旅先の情緒は、映画のように鮮やかに記憶に残ることでしょう。

映画のワンシーンを思い出しながら巡る旅

「この景色、見覚えがある!」旅先でそう思うことがあるかもしれません。

それは映画の中のワンシーンを思い出すからかも。

『魔女宅』ゆかりの地を訪ねれば、旅はまるで映画の追体験のよう。

  • 「あのシーン、ここで撮影したのかな?」
  • 「キキが見たのと同じ景色が広がってる!」
  • 「パン屋のモデルのお店でランチしてみよう」

大好きな作品の舞台に実際に立てるなんて、ファンにはこの上ない喜びですよね。

キキになった気持ちで街を練り歩いたり、名シーンの再現写真を撮ったり。

きっと、あなたなりの『魔女宅』の楽しみ方が見つかるはずです。

\ジブリ作品を見たくなったらぜひ、こちらの記事を参考にしてみて下さいね/↓↓↓

まとめ

この記事では、『魔女の宅急便』のモデルとなった北欧の街の魅力や、原作小説について調査してきました。

この記事のポイント!
  • ストックホルムやヴィスビューなど北欧の美しい街並み
  • キキが働くパン屋のモデルはヴィスビューとオーストラリア
  • 原作小説では描かれていないキキの成長物語にも注目

『魔女の宅急便』の世界を巡る旅は、まるで映画の中に迷い込んだような不思議な体験になりそうですね。

ファンの聖地巡礼だからこそ味わえる、かけがえのない思い出がたくさん作れるはずです。

パン屋のモデルまで実在するなんて、行ってみたくなっちゃった!

原作小説では、映画で描かれていないキキの成長物語や、二人の魔女の友情など、さらに奥深い魅力が詰まっています。

『魔女の宅急便』の世界観を存分に味わってみて下さい♪

☆よかったらシェアしてね☆
  • URLをコピーしました!
目次