実写版『ピーターパン&ウェンディ』キャストは?【ポリコレ問題】

当ページのリンクには広告が含まれています。
  • URLをコピーしました!

実写版『ピーターパン&ウェンディ』が、2023年4月28日(金)よりディズニープラスで独占配信予定です♪

1953年に公開されたディズニーの名作アニメ『ピーターパン』の実写版リメイク作品とあって、注目が集まっています。

実写版『ピーターパン&ウェンディ』のキャストはどうなっているのでしょうか?

一部では、ディズニーのポリコレが過剰すぎて問題だと言う声も聞こえてきます。

この記事では、実写版『ピーターパン&ウェンディ』のキャストの評判やディズニーのポリコレ問題について調査していきます。

目次

実写版『ピーターパン&ウェンディ』の主要キャストは?

実写版『ピーターパン&ウェンディ』キャストの主要キャストを紹介します。

ピーターパン役:アレクサンダー・モロニー

名前アレクサンダー・モロニー
生年月日2006年9月12日
年齢16歳
出身地イギリス

ウェンディー:エヴァー・アンダーソン

名前エヴァー・アンダーソン
生年月日2007年3月11日
年齢16歳
出身地アメリカ・ロサンゼルス

ジョン:ジョシュア・ピッカリング

名前ジョシュア・ピッカリング
生年月日2007年12月6日
年齢15歳
出身地不明

マイケル:ジャコビ・ジュペ

名前ジャコビ・ジュペ
生年月日不明
年齢不明
出身地イギリス

ティンカーベル:ヤラ・シャヒディ

名前ヤラ・シャヒディ
生年月日2000年2月10日
年齢23歳
出身地アメリカ合衆国ミネソタ州ミネアポリス

フック船長:ジュード・ロウ

名前ジュード・ロウ
生年月日1972年12月29日
年齢50歳
出身地イギリス

スミー:ジム・カフィガン

名前ジム・カフィガン
生年月日1966年7月7日
年齢56歳
出身地アメリカ合衆国イリノイ州エルジン

タイガーリリー:アリッサ・ワパナータ

名前アリッサ・ワパナータ
生年月日不明
年齢不明
出身地カナダ

『ピーターパン』のあらすじは?

1953年に公開されたディズニーのアニメーション映画『ピーターパン』は、ジェームス・マシュー・バリーの戯曲『大人になりたくないピーターパン』を原作にしています。

この物語は、想像力あふれる永遠の少年ピーターパンと、彼が率いるロストボーイズが、幻想的なネバーランドで冒険する様子を描いたものです。

物語は、ロンドンのベッドルームで始まります。

両親が出掛けた後、ウェンディと2人の弟は、窓からやってきたピーターパンに誘われ、ネバーランドへと旅立ちます。

そこで彼女たちは、ピーターパンのライバルである海賊キャプテン・フックと戦うことになります。

ピーターパンたちは、ネバーランドで空を飛び、妖精ティンカー・ベルや永遠の子供たちと出会います。

彼らは、キャプテン・フックの悪計を阻止しウェンディたちを助けるために戦います。

『ピーターパン』は、自由と成長、そして夢と現実の対立といったテーマを扱った名作アニメーションです。

多くの子供たちに愛されており、今もなお多くの人々に愛され続けています。

『ピーターパン&ウェンディ』キャストへのSNSでの反応は?

実写版『ピーターパン&ウェンディ』を楽しみにしているファンが沢山いました♪

その他には、原作との変更点を心配する声やティンカーベルのキャストがイメージと違うという声も目立ちます。

特に、ティンカーベルには様々な国籍の友達が描かれているため、ティンカーベルをわざわざ変更する必要がない!という意見があるようです。

ディズニーのポリコレ問題とは?

近年、ディズニーでは名作の実写化が目立ちます。

最近では、2023年6月9日(金)に公開される実写映画『リトル・マーメイド』のプリンセス、アリエル役のキャスト、ハリー・ベイリーさんがアニメのイメージと違うと話題になっていました。

同じように、今作『ピーターパン&ウェンディ』でも、ティンカーベル役のキャスト、ヤラ・シャヒディさんがアニメのイメージと違うという声が少なくないようです。

なぜ、ディズニーは原作のイメージと異なるイメージのキャストを起用するのでしょうか?

その理由は、ディズニーがポリコレを強く意識しているから、と言われています。

ポリコレとは?

【ポリコレ】という言葉は「ポリティカル・コレクトネス」の略語で、差別や偏見を防ぐために、政治的、社会的に公正かつ中立な言葉や表現の使用を指します。

原作とイメージの違うキャストを起用することは批判されることなのでしょうか?

確かに、原作を愛するファンから賛否両論があるのは理解できます。

しかし、現代社会において、差別や偏見に対する意識が高まっていることは事実です。

そのような中で、ディズニーが多様性を尊重し、差別的な表現を避ける姿勢を示すことは素晴らしいことではないでしょうか?

また、ディズニーの作品は、子どもたちにも親しまれており、その影響力はとても大きいものだと想像できます。

そのため、より多様性を尊重する姿勢が、社会全体に広がるきっかけとなることも期待できるのではないでしょうか♪

もちろん、ポリコレを意識するあまり、ストーリーが大きく変更されたりキャラクターの魅力が消えてしまうことは避けて欲しいですよね。

しかし、全てのキャストはその役を演じるに相応しい魅力が溢れています。

まとめ

この記事では、実写版『ピーターパン&ウェンディ』のキャストの評判やディズニーのポリコレ問題について調査してきました。

実写版『ピーターパン&ウェンディ』は、2023年4月28日(金)よりディズニープラスで限定配信予定です♪

ディズニーの名作『ピーターパン』が実写になってどのようにリメイクされているのかとても楽しみですね♪

ディズニー100周年記念映画『ウィッシュ』が2023年12月15日から上映開始と発表されました。

こちらも要チェックです♪

☆よかったらシェアしてね☆
  • URLをコピーしました!
目次