借りぐらしのアリエッティ原作は?映画がつまらない理由を徹底解説

当ページのリンクには広告が含まれています。
  • URLをコピーしました!

借りぐらしのアリエッティ、つまらないって思った?

私はあの雰囲気が好きだよ

ジブリ映画『借りぐらしのアリエッティ』の原作はなんでしょうか?

また、一部『借りぐらしのアリエッティ』はつまらないという声も気になります。

つまらないと感じる理由はなんでしょうか?

この記事では、『借りぐらしのアリエッティ』の原作の魅力と、映画がつまらないと感じる理由について徹底解説していきます。

この記事で分かること!
  • 児童文学の名作「床下の小人たち」の魅力
  • 映画版がつまらないと感じる4つの理由
  • 原作と映画の違いから見える新たな魅力
  スポンサーリンク
目次

「借りぐらしのアリエッティ」の原作とは

出典:スタジオジブリ公式HP

「借りぐらしのアリエッティ」は、イギリスの児童文学作家メアリー・ノートンによる小説「床下の小人たち」を原作としています。

この作品は、小人たちの冒険を描いたファンタジー小説として知られていますね。

ここでは、原作の魅力や特徴について、以下の4つの観点から詳しく見ていきましょう。

原作を知ることで、映画版の魅力をより深く理解できるかもしれません。

それでは、順番に見ていきましょう。

メアリー・ノートンの代表作

「床下の小人たち」は、メアリー・ノートンの代表作として広く知られています。

この作品は、1952年に発表されて以来、多くの読者を魅了してきました。

ノートンの繊細な描写力と豊かな想像力が、物語の魅力を高めているのです。

  • 1952年に第1作が出版
  • シリーズ全5巻で構成
  • 世界中で翻訳され、愛読されている

ノートンは、自身の経験や観察を巧みに物語に織り込んでいます。

それが、リアリティのある小人たちの生活描写につながっているのでしょう。

また、人間社会の縮図としての小人たちの世界を描くことで、読者に新たな視点を提供しています。

こうした要素が、「床下の小人たち」をノートンの代表作たらしめているのです。

次は、シリーズ全体の魅力について見ていきましょう。

「床下の小人たち」シリーズの魅力

「床下の小人たち」シリーズには、独特の魅力があります。

それは、小人たちの日常生活や冒険を通じて、人間社会の縮図を描いている点にあるでしょう。

シリーズの魅力は、以下のような点に集約されます。

  • 日常の物を創造的に使う小人たちの知恵
  • 人間世界との共存を模索する姿
  • 家族愛や友情、勇気をテーマにした物語展開
  • 環境の変化に適応していく小人たちの姿

特に、小人たちが人間の物を「借りる」という設定は、資源の有効活用や環境問題にもつながる視点を提供しています。

また、シリーズを通じて成長していく主人公アリエッティの姿は、多くの読者の共感を呼んでいるのです。

このような多層的な魅力が、シリーズの長年の人気を支えているのでしょう。

では次に、この作品が児童文学賞を受賞した理由について考えてみましょう。

児童文学賞受賞の理由

「床下の小人たち」は、1952年にカーネギー賞を受賞しています。

この賞は、イギリスの図書館協会が主催する権威ある児童文学賞なのです。

受賞の理由としては、以下のような点が挙げられるでしょう。

  • 独創的な設定と緻密な世界観構築
  • 子どもの想像力を刺激する物語展開
  • 人間社会への洞察を含んだメッセージ性
  • 丁寧な文章表現と描写力

特に、魔法を使わないファンタジーという新しい試みは、高く評価されたようです。

また、小人たちの生活を通じて、資源の大切さや環境への配慮を自然に伝えている点も、評価のポイントだったのでしょう。

こうした多面的な魅力が、児童文学としての価値を高め、受賞につながったと考えられます。

最後に、原作の世界観とキャラクターについて見ていきましょう。

原作の世界観とキャラクター

「床下の小人たち」の世界観は、現実世界に溶け込んだファンタジーという特徴があります。

小人たちは魔法の力を持たず、知恵と工夫で生活しているのです。

この設定が、物語に独特のリアリティを与えています。

  • イギリスの古い屋敷が舞台
  • 人間の目を避けて生活する小人たち
  • 「借りる」ことで成り立つ小人たちの暮らし
  • 人間社会の変化に影響される小人たちの運命

主要キャラクターとしては、好奇心旺盛なアリエッティ、慎重な父ポッド、心配性の母ホミリーがいます。

彼らの個性豊かな性格描写が、物語に深みを与えているのでしょう。

また、人間の少年との交流を通じて、小人たちの世界観が広がっていく様子も印象的です。

この原作の世界観とキャラクターが、映画版にどのように反映されているのか、興味深いところですね。

映画版「借りぐらしのアリエッティ」の特徴

出典:スタジオジブリ公式HP

スタジオジブリが制作した「借りぐらしのアリエッティ」は、原作の魅力を独自の解釈で表現しています。

この映画版には、ジブリならではの特徴が多く見られるのです。

ここでは、映画版の特徴を4つの観点から詳しく見ていきましょう。

これらの特徴を理解することで、映画版の魅力をより深く感じ取ることができるでしょう。

それでは、一つずつ見ていきましょう。

スタジオジブリによる制作背景

「借りぐらしのアリエッティ」は、スタジオジブリが長年温めてきた企画でした。

宮崎駿監督が60年近く前に原作を読んだことがきっかけとなっています。

この作品は、ジブリ作品の中でも特別な位置づけにあるのです。

  • 宮崎駿が脚本を担当
  • 米林宏昌監督のデビュー作
  • ジブリの新しい才能の登竜門的作品

スタジオジブリは、原作の持つファンタジー性と現実感のバランスを重視しました。

そのため、小人たちの世界を緻密に作り込み、リアリティのある描写に力を入れています。

また、環境問題や人間と自然の共生といったテーマも、ジブリらしい視点で描かれているのです。

次に、日本の風土に合わせた脚色について見ていきましょう。

日本の風土に合わせた脚色

原作のイギリスの古い屋敷という設定を、日本の風土に合わせて脚色しています。

これにより、日本の観客にとってより親しみやすい世界観が作られました。

具体的には、以下のような変更が加えられています。

  • 舞台を日本の郊外の古い屋敷に変更
  • 日本の四季や自然描写を取り入れる
  • 和風の生活用品や食器を小人たちの道具として使用
  • 日本的な人間関係や価値観を反映

こうした脚色により、日本の観客にとってより身近な物語として受け入れられやすくなりました。

同時に、原作の持つ普遍的なテーマは維持されており、国際的な評価にもつながっています。

次は、声優陣の豪華さについて見ていきましょう。

声優陣の豪華さ

「借りぐらしのアリエッティ」の声優陣は、非常に豪華です。

ジブリ作品らしく、人気俳優や実力派声優が起用されています。

主要キャラクターの声を担当した声優は以下の通りです。

  • アリエッティ役:志田未来
  • 翔役:神木隆之介
  • ホミリー役:大竹しのぶ
  • ポッド役:三浦友和
  • ハル役:樹木希林

これらの声優陣が、それぞれのキャラクターに独特の個性と魅力を吹き込んでいます。

特に、志田未来と神木隆之介の若手俳優による主役の演技は、高く評価されました。

豪華な声優陣の起用は、作品の話題性を高め、幅広い年齢層の観客を惹きつける要因となりました。

最後に、細部にこだわった作画と音響について見ていきましょう。

細部にこだわった作画と音響

「借りぐらしのアリエッティ」の大きな特徴は、細部にまでこだわった作画と音響です。

小人たちの目線で描かれた世界は、非常に緻密で美しいのです。

以下のような点に、特にこだわりが見られます。

  • 小人の視点から見た日用品の巨大さの表現
  • 小人たちの家具や道具の創造的なデザイン
  • 自然の描写(植物や昆虫など)の精密さ
  • 小人たちの動きや表情の繊細な表現

音響面でも、小人たちの世界を表現するための工夫が施されています。

例えば、人間には聞こえない小さな音を強調したり、小人の視点での音の響き方を表現したりしています。

また、フランスのシンガーソングライター、セシル・コルベルによる音楽も、作品の雰囲気を豊かにしています。

こうした細部へのこだわりが、「借りぐらしのアリエッティ」の世界観をより魅力的なものにしているのです。

ジブリらしい細かい作りこみがすごいね

「借りぐらしのアリエッティ」がつまらないと感じる4つの理由

出典:スタジオジブリ公式HP

「借りぐらしのアリエッティ」は多くの人に愛される作品ですが、一部の視聴者にはつまらないと感じられることもあります。

その理由には、いくつかの要因が考えられるでしょう。

ここでは、「借りぐらしのアリエッティ」がつまらないと感じられる可能性のある4つの理由を探ってみましょう。

これらの要因を理解することで、作品への新たな視点を得られるかもしれません。

それでは、一つずつ詳しく見ていきましょう。

ストーリーの単調さ

「借りぐらしのアリエッティ」のストーリーは、比較的穏やかな展開が特徴です。

この穏やかさが、一部の視聴者には単調に感じられる可能性があります。

具体的には、以下のような点が単調さの要因として挙げられます。

  • 大きな冒険や激しい展開が少ない
  • 物語の舞台が主に一つの屋敷に限定されている
  • キャラクター間の対立や葛藤が控えめ
  • 日常的な出来事が中心のストーリー展開

この作品は、小人たちの日常生活や心の機微を丁寧に描いているため、アクションや派手な展開を期待する視聴者には物足りなく感じられるかもしれません。

また、ストーリーの進行が緩やかなため、テンポの遅さを感じる人もいるでしょう。

しかし、この穏やかな展開は、小人たちの繊細な世界を表現するための意図的な選択でもあります。

次に、ジブリ作品としての特徴の薄さについて見ていきましょう。

ジブリ作品としての特徴の薄さ

「借りぐらしのアリエッティ」は、他のジブリ作品と比較すると特徴が薄いと感じる人もいます。

これは、以下のような要因が考えられます。

  • 壮大なファンタジー世界の欠如
  • 印象的なキャラクターの不足
  • 宮崎駿監督特有の世界観の薄さ
  • 社会批評的要素の控えめさ

「となりのトトロ」や「千と千尋の神隠し」などの代表作と比べると、「借りぐらしのアリエッティ」は比較的地味な印象を受けるかもしれません。

また、宮崎駿監督が脚本を担当しているものの、監督は米林宏昌が務めているため、演出面でジブリ作品特有の雰囲気が薄れていると感じる視聴者もいるでしょう。

しかし、この作品は新しい才能の登竜門として位置づけられており、ジブリの新たな方向性を示す意図もあったと考えられます。

次に、借りぐらしの倫理的問題について考えてみましょう。

借りぐらしの倫理的問題

「借りぐらし」という設定自体に倫理的な問題を感じる視聴者もいます。

これは、以下のような点が議論の対象となっています。

  • 「借りる」行為が実質的な窃盗ではないか
  • 人間の所有物を無断で使用することの是非
  • 小人たちの生き方に対する疑問
  • 人間との共生の可能性を模索しない点

「借りぐらし」を肯定的に描いていることに違和感を覚える視聴者もいるでしょう。

また、小人たちが人間に見つからないように生きることを選択している点に疑問を感じる人もいます。

ただし、この設定は原作に基づいており、小人たちの生存戦略として描かれています。

最後に、スッキリしないラストシーンについて見ていきましょう。

スッキリしないラストシーン

「借りぐらしのアリエッティ」のラストシーンは、一部の視聴者にとってスッキリしない印象を与えることがあります。

以下のような点が、その要因として考えられます。

  • アリエッティと翔の関係の行方が不明確
  • 翔の手術結果が描かれていない
  • 小人たちの新しい生活が具体的に描かれていない
  • 人間と小人の共存の可能性が示されていない

物語の結末が開かれた形で終わっているため、明確な解決や結論を求める視聴者には物足りなさを感じさせる可能性があります。

また、主要な登場人物たちのその後が描かれていないことも、モヤモヤとした感覚を残す要因となっているでしょう。

しかし、このような開かれた結末は、観客に想像の余地を与え、物語について考えさせる意図があるとも解釈できます。

これらの要因が、「借りぐらしのアリエッティ」をつまらないと感じさせる可能性がある理由です。

原作と映画版の主な違い

出典:スタジオジブリ公式HP

「借りぐらしのアリエッティ」の映画版は、原作の「床下の小人たち」を基にしていますが、いくつかの大きな違いがあります。

これらの違いは、映画化に際して意図的に加えられた脚色や、日本の観客に馴染みやすくするための変更点です。

ここでは、原作と映画版の主な違いを4つの観点から見ていきましょう。

これらの違いを理解することで、原作と映画版それぞれの魅力をより深く楽しめることでしょう。

それでは、一つずつ詳しく見ていきましょう。

舞台設定の変更点

原作と映画版の最も大きな違いの一つは、舞台設定です。

原作がイギリスの古い屋敷を舞台にしているのに対し、映画版は日本の郊外の家が舞台となっています。

具体的な変更点は以下の通りです。

  • イギリスの大邸宅から日本の郊外の一軒家へ
  • 西洋的な庭園から日本的な庭へ
  • イギリスの気候から日本の四季の表現へ
  • 西洋の生活様式から日本の生活様式へ

これらの変更により、日本の観客にとってより親しみやすい世界観が構築されています。

また、日本の四季や自然の美しさを表現することで、ジブリ作品らしい繊細な描写が可能になりました。

次に、キャラクターの性格描写の違いについて見ていきましょう。

キャラクターの性格描写の違い

原作と映画版では、登場人物の性格描写にも違いが見られます。

特に主要キャラクターについて、以下のような変更がなされています。

  • アリエッティ: より積極的で冒険心旺盛な性格に
  • 翔(原作ではポッド): より繊細で思慮深い性格に
  • ホミリー: より心配性で過保護な母親像に
  • ポッド: より寡黙で慎重な父親像に

これらの変更は、日本の観客により共感しやすいキャラクター像を作り出すためと考えられます。

また、アリエッティと翔の関係性も、原作よりも深く描かれており、年齢も近い設定になっています。

これにより、両者の友情や微妙な感情の機微がより丁寧に表現されています。

続いて、ストーリー展開の相違点について見ていきましょう。

ストーリー展開の相違点

原作と映画版では、ストーリーの展開にもいくつかの違いがあります。

主な相違点は以下の通りです。

  • アリエッティと人間の少年の出会いの描写
  • 小人たちの「借りぐらし」の詳細な描写
  • ハウスキーパーの役割と描写の違い
  • 結末の描き方の違い

映画版では、アリエッティと翔の関係性により焦点が当てられており、二人の交流がより詳細に描かれています。

また、小人たちの「借りぐらし」の様子も、原作よりも視覚的に豊かに表現されています。

ハウスキーパーのハル(原作ではミセス・ドライバー)の役割も、映画版ではより敵対的な存在として描かれています。

最後に、テーマの解釈の違いについて見ていきましょう。

テーマの解釈の違い

原作と映画版では、作品全体のテーマや解釈にも若干の違いが見られます。

主な相違点は以下の通りです。

  • 環境問題や自然との共生をより強調
  • 異なる存在との共存の可能性を探る
  • 成長と別れのテーマをより深く描写
  • 日本的な価値観や美意識の反映

映画版では、環境問題や自然との共生といったテーマがより強く打ち出されています。

これは、ジブリ作品らしい要素の一つと言えるでしょう。

また、アリエッティと翔の関係を通じて、異なる存在との共存の可能性や、成長と別れのテーマがより深く描かれています。

さらに、日本的な美意識や自然観が随所に反映されており、これも原作とは異なる特徴の一つです。

これらの違いは、原作の持つ普遍的なテーマを保ちつつ、日本の観客により深く訴えかけるための工夫と言えるでしょう。

両方知るとより楽しめそうだね

「借りぐらしのアリエッティ」の魅力再発見

出典:スタジオジブリ公式HP

「借りぐらしのアリエッティ」には、一見気づきにくい魅力がたくさん隠されています。

作品をより深く理解することで、新たな魅力を発見できるかもしれません。

ここでは、「借りぐらしのアリエッティ」の魅力を4つの観点から再発見していきましょう。

これらの視点を通じて、作品の新たな魅力を発見できるかもしれません。

それでは、一つずつ詳しく見ていきましょう。

小人の視点から見る世界の美しさ

「借りぐらしのアリエッティ」の大きな魅力の一つは、小人の目線で描かれた世界の美しさです。

普段何気なく見過ごしている日常の風景が、小人たちの視点を通して新鮮に映し出されています。

具体的には、以下のような描写が印象的です。

  • 巨大に見える草花や虫たちの世界
  • 人間の日用品を創造的に利用する小人たちの暮らし
  • 雨粒や水滴の美しさ
  • 人間の住居の隙間や裏側の繊細な描写

これらの描写は、スタジオジブリの緻密な作画によって、驚くほど美しく表現されています。

例えば、アリエッティが初めて外の世界に出る場面では、草むらの中を進む様子が細やかに描かれ、観客は小人の目線で自然の壮大さを体感できます。

また、小人たちの家の内装も、人間の日用品を巧みに利用した創造的なデザインが施されており、見ていて飽きることがありません。

次に、繊細な心理描写の魅力について見ていきましょう。

繊細な心理描写の魅力

「借りぐらしのアリエッティ」では、登場人物たちの心理が繊細に描かれています。

特に、アリエッティと翔の心の動きが丁寧に表現されており、観客の共感を呼びます。

以下のような心理描写が印象的です。

  • アリエッティの好奇心と不安の葛藤
  • 翔の孤独感と優しさ
  • ホミリーの過保護な愛情
  • ポッドの静かな勇気と決断

アリエッティの成長過程は、特に丁寧に描かれています。

彼女の好奇心と冒険心、そして家族への愛情が、微妙なバランスで表現されているのです。

また、翔の繊細な心の動きも印象的です。病気を抱えながらも、アリエッティたちを守ろうとする彼の優しさが、静かに、しかし力強く描かれています。

次に、環境問題への示唆について見ていきましょう。

環境問題への示唆

「借りぐらしのアリエッティ」には、環境問題や自然との共生についての示唆が含まれています。

直接的な言及は少ないものの、物語全体を通じてこのテーマが垣間見えます。

以下のような要素が、環境問題を考えるきっかけとなっています。

  • 小人たちの「借りぐらし」という生活様式
  • 人間の生活が小人たちに与える影響
  • 自然と調和して生きる小人たちの姿
  • 人間の無自覚な行動が及ぼす影響

小人たちの「借りぐらし」は、資源の有効活用という観点から見ると、現代社会に示唆を与えるものです。

また、人間の生活が小人たちの存続を脅かす様子は、人間の活動が環境に与える影響の比喩とも解釈できます。

こうした要素は、観客に環境問題について考えるきっかけを与えているのです。

最後に、年齢を超えた友情の描写について見ていきましょう。

年齢を超えた友情の描写

「借りぐらしのアリエッティ」では、アリエッティと翔の年齢を超えた友情が印象的に描かれています。

この関係性は、単なる年の差を超えて、異なる世界に生きる者同士の理解と共感を表現しています。

以下のような要素が、この友情の描写を特徴づけています。

  • 互いの世界への好奇心と理解
  • 危機的状況での協力
  • 別れを前提とした儚さ
  • 互いの成長を促す影響

アリエッティと翔は、互いの世界に対する好奇心を通じて理解を深めていきます。

また、危機的状況での協力を通じて、互いの勇気や思いやりを認識していくのです。

さらに、別れを前提とした関係性が、その友情により深い意味を与えています。

この友情の描写は、観客に年齢や立場の違いを超えた理解の可能性を示唆しているのかもしれません。

もう一度見直したくなっちゃった

\ジブリ作品を見たくなったらぜひ、こちらの記事を参考にしてみて下さいね/↓↓↓

まとめ

この記事では、『借りぐらしのアリエッティ』の原作の魅力と、映画がつまらないと感じる理由について解説してきました。

この記事のポイント!
  • 原作と映画には違いがある
  • つまらないと感じる理由は4つ
  • 魅力を再発見できる視点もある

「借りぐらしのアリエッティ」は、原作と映画版で設定やストーリー展開に違いがあることがわかりました。

映画がつまらないと感じる理由としては、ストーリーの単調さやジブリ作品らしさの薄さなどが挙げられます。

しかし、小人の視点から見る世界の美しさや繊細な心理描写など、高く評価できる点も沢山ありましたね。

映画の見方を変えると新しい発見があったね

作品の魅力は人それぞれ異なります。

映画を別の視点から見直したり、原作を読んでみたりしてアリエッティの世界を堪能してみましょう♪

☆よかったらシェアしてね☆
  • URLをコピーしました!
目次